「普通のやり方が正しいとは限らない!!」でしょ!?

私たち「いえあーる」は、いわゆる業界内で言うところの普通のやり方とは随分違ったアプローチをします。お見合いの場である「お住まい相談室」を経た上で、サポートを依頼したいということになれば、まずは二人三脚で歩み出すための専任媒介契約を交わします。その後、住宅ローンの仮審査を受け、実現可能な総予算を割り出し、それからやっと、物件の比較検討に入ります。

 

「いきなりハードルが高すぎる!」と思われたかもしれませんが、手順を間違うと大事なチェックポイントを見落とし、あらぬ方向へと外力で押し流されてしまいがちです。そうならないように、私たちのサポートでまっすぐ進んでもらいたいのです。

 

前進するのも途中で立ち止まるのも、決断するのは買主さん本人です。売買契約の主体は売主さんと買主さんであり、仲介業者である私たちはあくまでもサポートに徹する身。納得のマイホーム購入のためには、正しい道のりと自己決定が何よりも大切なのです。

 

実際に、私たちのサポートで理想のマイホームを手に入れた買主さんがいらっしゃいます。「とにかく物件が見たい!」という人にとっては、まどろっこしく感じられるかもしれませんが、着実に前進している自分を感じたい人には、しっくりくること請け合いです。(お客様の声はこちら

 

買主さんの不安の原因はおそらく、「誰に相談したらいいのか(⼈)」「資⾦計画はどうやって考えればいいのか(お⾦)」「物件の良し悪しはどのように判断すれば良いのか(モノ)」の 3 つに集中しているのではないでしょうか。しかもその 3 つがごちゃ混ぜになり、何から⼿を付けていいのかわからない状態です。そのような状態では、正しい道をまっすぐ進むことは困難です。何はともあれ、まずはそこを整理する必要があるのです。

 

ホームページの各ページをじっくり読んでみて下さい。そして、「もっと詳しい話が聞きたい!私の話も聴いてほしい!」と思ったら、お住まい相談室に是非お越しください。

はじめての方へ

まずは不動産業界のことや購入前にやるべき3つのことをお伝えします︕

資産計画のツボ

現実的な住宅ローン借入額を知り、探すべき物件の幅を確認することが大切です。

物件情報を見始める前に買主さん7つの心得

物件に対する許容範囲は人それぞれですが、事前の心づもりが肝心です。

リフォームの正しい考え方

中古住宅を購入してリフォームするなら、劣化改善と性能向上という目線で計画を。