「中古住宅購入×リフォーム」でマイホームの夢をカタチにしよう!

中古住宅を購入してリフォームする買主さんが増えています。

土地を購入して家を建てるのは荷が重すぎる…かといって、建売住宅の画一的なプランと余裕の無さは何となく嫌な感じがする…中古住宅でもリフォームすれば何とかなるのではないか??

物件検索で中古住宅を探し回る毎日、でも、リフォームと併せて検討することは、結構難しいと思いませんか? 

中古住宅購入の正しいステップ

中古住宅購入の正しい手順をご存知ですか?一般的には、ネット検索で見つけた物件について、買主さんが、その広告を出している不動産会社に直接連絡を入れるのではないかと思います。でも、それって本当は得策ではないんですよ。正しい不動産購入の手順としては、自分の代理人となる不動産会社を見つけるのが先なのです。だって、物件検索の前に準備すべきことがたくさんあるのですから!

物件検索よりも大切なこと、それは「信頼できる相談者に巡り合うこと」

 

対面相談が何故大切なのか分かり易い動画にしました。是非ご視聴下さい。


中古住宅の見極めが肝心

確かに、古い家でも管理状態が良く、重大な瑕疵や劣化が無ければリフォームで蘇ることは可能です。でも、瑕疵や劣化がひどすぎて、リフォームする価値もない、あるいは、リフォームするにもかなりの予算がかかる、そんな物件もたくさんあります。

中古住宅を購入してリフォームする場合、全体予算の把握のためには、リフォーム工事の代金がいくらぐらいかかりそうか、物件検索と並行して考える必要があるのです。

私たちは建築士でもありますので、不動産仲介とリフォーム計画を同時進行でサポートすることが可能です。物件を一緒に検索しながら、建築士として、その物件が、あなたが希望するリフォームに値するものなのか、予算の中で最大限の価値を引き出すことができるのか、一緒に検証することができるのです。

信頼関係で一つ一つを乗り越えていく

私たち「いえあーる」は、いわゆる業界内で言うところの普通のやり方とは随分違ったアプローチをします。お見合いの場である「お住まい相談室」を経た上で、サポートを依頼したいということになれば、まずは二人三脚で歩み出すための専任媒介契約を交わします。その後、住宅ローンの仮審査を受け、実現可能な総予算を割り出し、それからやっと、物件の比較検討に入ります。

 

「いきなりハードルが高すぎる!」と思われたかもしれませんが、手順を間違うと大事なチェックポイントを見落とし、あらぬ方向へと外力で押し流されてしまいがちです。そうならないように、私たちのサポートでまっすぐ進んでもらいたいのです。

 

前進するのも途中で立ち止まるのも、決断するのは買主さん本人です。売買契約の主体は売主さんと買主さんであり、仲介業者である私たちは、あくまでも相談を受け止めてサポートに徹する身。納得のマイホーム購入のためには、正しい道のりと自己決定が何よりも大切なのです。

 

実際に、私たちのサポートで理想のマイホームを手に入れた買主さんがいらっしゃいます。「とにかく物件が見たい!」というせっかちな人にとってはまどろっこしく感じられるかもしれませんが、一つ一つ確認し、着実に前進している自分を感じたい人にはしっくりくること請け合いです。(お客様の声はこちら)

事前勉強にお役立てください!

買主さんの不安の原因はおそらく、「誰に相談したらいいのか(⼈)」「資⾦計画はどうやって考えればいいのか(お⾦)」「物件の良し悪しはどのように判断すれば良いのか(モノ)」の 3 つに集中しているのではないでしょうか。しかもその 3 つがごちゃ混ぜになり、何から⼿を付けていいのかわからない状態です。そのような状態では、正しい道をまっすぐ進むことは困難でしょう。何はともあれ、まずはそこを整理する必要があるのです。

 

このホームページは、迷える買主さんのために、私たちの言葉で作ったものです。どこにでもあるようなコピペ情報とは違います。まずは、ホームページの各ページをじっくり読んでみて下さい。そして、「もっと詳しい話が聞きたい!私の話も聴いてほしい!」と思ったら、お住まい相談室に是非お越しください。あなたを全力でサポートすることをお約束します。

はじめての方へ

まずは不動産業界のことや購入前にやるべき3つのことをお伝えします︕

資産計画のツボ

現実的な住宅ローン借入額を知り、探すべき物件の幅を確認することが大切です。

物件情報を見始める前に買主さん7つの心得

物件に対する許容範囲は人それぞれですが、事前の心づもりが肝心です。

リフォームの正しい考え方

中古住宅を購入してリフォームするなら、劣化改善と性能向上という目線で計画を。