モノのこと

モノのこと · 2022/04/20
土地の値段に関する継続的な統計は三種類あります。公示地価、基準地価、路線価に関するものです。...

モノのこと · 2022/03/23
居住中物件の内覧 皆さんは、居住中の中古物件を内覧したことありますか?そこには売主さんがいて、生活の様をありのまま見ることができます。とはいえ、買うかどうかもまだ分からない状態ですから、あまりジロジロ見るのは失礼かも…と思ったりしますよね。...

モノのこと · 2022/02/16
断熱基準はあるものの、強制力はない 私たちのまち「福岡」は、食べ物がおいしくて住みやすい街と評されることが多いようです。他県に行くと、確かに福岡の良さを再認識することもしばしば。でも、気候に関するイメージはちょっと違うようです。日本列島は南北に細長くて、南に行くほど暖かいと錯覚しがちですが、福岡って、冬場は結構寒いんです!...


モノのこと · 2022/01/20
「現状有姿」が盾になる? SUUMOの住宅用語大辞典によると、現状有姿とは、「不動産の売買契約書に記されることが多く、一般的には「現在の状況のまま」という意味であり、こういった売買契約を「現状有姿売買」と呼ぶこともある」  とのこと。...

モノのこと · 2021/12/22
住宅ローン減税って? 住宅ローン減税は、無理のない負担で居住ニーズに応じた住宅の確保が促進されるよう、国が定めた制度です。現行の制度は、住宅ローンを借り入れて住宅の新築・取得又は増改築等をした場合、年末のローン残高の1%を所得税(一部、翌年の住民税)から、契約時期と入居時期に応じて最大13年間控除することになっています。...



モノのこと · 2021/07/18
念願のマイホームを買ったら一安心…家族の拠り所として家を構えた安心感は否定しませんが、マイホームは買って終わりというわけにはいきません。建物は時間の経過と共に劣化しますので、快適な住空間を維持するためには適切なメンテナンスが必要となります。将来に渡って、維持管理には時間も労力もお金も必要なのです。

モノのこと · 2021/07/02
大阪で発生した崖崩れの映像があまりにも衝撃的で、テレビを食い入るように見てしまいました。 崖崩れの映像といえば、土砂降りの山道など山間部で発生するイメージが強かったのですが、住宅街で、しかも雨も降っていないのに、あの高さから住宅もろとも崩壊してしまうなんて、考えただけでゾッとします。...

さらに表示する