⑤ 危険な一目ぼれ

 不動産市場の最大の特徴は扱う品物が唯一無二、つまり、早い者勝ちの世界です。気になる情報を目にしたら、とにかく買いたい気持ちが募るばかりで、他のものは目に入らなくなってしまいがち。「この物件で本当に良いのか」なんて、慎重に考える余裕はないかもしれません。

そこでの暮らしをイメージしてみよう

あとで悔やまないためにも、日ごろから「どのあたりに・どんなものが・いくらぐらいで出回っているのか」を意識しながら物件情報を見て、感覚を磨いておくことが大切です。その場で暮らしている自分をイメージしながら、物件に求める条件をリストアップしてみましょう。

 

例えば地域や住環境なら、今よりも交通の便が良いところにするのか、実家の近くにするのか、やっぱり子どもが通う学区内に限るのか…など。候補地が現住地から離れているなら、周辺の様子を実際に見ることが大切。できれば、日中と夜間、平日と休日の違いなども確認しておいたほうが良いです。 

 

それと同時に、求める条件に優先順位を付けておくとよいでしょう。住環境、立地、建物の程度、価格など、それぞれの条件の許容範囲を幅広く考えるほど、より多くの候補に出会える一方で、絞り込みは難しくなるからです。優先順位を意識して物件情報を見るように習慣化しておけば、いざ魅力的な物件が現れたときに冷静に判断できますよ。