· 

【福岡発】物件検索に役立つちょっとしたコツと注意点

大手の不動産ポータルサイトで物件検索をしていると、現地の住所がわからなくて困った…なんてことはありませんか?

スーモやアットホームに掲載された物件情報は、買い手を見つけるための広告です。広告に明示しなければならない最低限の情報は開示されているのですが、場所の特定については任意となっています。でも買い手側からすれば、実物を密かに自分の目で確認したいものですよね。そのためにも住所は一番知りたい情報だったりします。それなのに、これを掲載しないのは如何に?? つまりは広告なのです。広告元の不動産仲介会社は、問い合わせ電話の誘導を狙っているのです。

 

こんな時は、別のポータルサイトに同じ物件が掲載されていないか見てみましょう。案外、こっちでは特定できなかったけど、あっちにはポイントが地図に示されてた!なんてこともありますよ。また、同じ物件を複数社が広告に出していることもあります。A社では伏せられていた情報が、B社のページをみると細かく掲載されていた、なんてこともあります。

 

駅までの距離(必要時間)や接道方位などは必ず記載されていると思うのですが、これが間違っているケースもあります。間違っているというか、確信犯的にそうしているのか、これも問合せ電話を獲得する方法の一つなのかもしれませんが、注意が必要です。特に、駅までの距離や必要時間は実測して掲載しているわけではないでしょうから、本当のところはわからないと思っておいた方が無難です。検索条件の設定によって、駅徒歩5分以内とか10分以内とか区切られてしまうので、検索結果に出るようにちょっと少なめにしていることもあるのでは?? 「実際に行ってみたら、坂道続きで思った以上に時間もかかるし大変だった!」 「駅徒歩7分なんて嘘!どの経路で行くわけ??」 実際に、そんなこともありました。

 

そんなこんなで、広告元に問合せを入れるのは何となく怖い…と思っている人も多いのでは??

マイホーム購入の正しい方法を知れば、そんな不安も無くなりますよ。私たち「いえあーる」は買主さんのサポーターですから、売りたい物件はありません。買主さんが探しているものを一緒に探して、買いたいものを安全に買えるようにサポートするのが私たちの仕事なのです。

なので、気になる物件があれば場所を特定してお知らせします。また、私たちが買主さんに変わって広告元に問合せを入れることにより、安全に、詳しい情報を入手することも可能なのです。

物件検索よりも大切なこと、それは「信頼できる相談者に巡り合うこと」

 

対面相談が何故大切なのか分かり易い動画にしました。是非ご視聴下さい。


こんな関連コラムも読んでみませんか?