· 

【福岡発】新築建売物件の思惑

最近、市場によく出回っている新築建売物件。人口に対して家が余っていると言われて久しいのですが、供給状態が続いているようです。

隣同士で寄り添うような同じデザインの家、時々見かけますよね。3000万をきるような価格設定、低金利の今なら月額返済は8万くらいでしょうか、ちょっと頑張れば手に入りそうです。でも、その広さ(狭さ)、間取り、設備仕様、内外装の仕上げは、本当にあなたが欲しいと思うものですか?

 

ちょっと逆の立場から考えてみましょう。もともとその宅地は一筆で、空地が十分にある一軒家でした。空き家になった古屋が放置され所有者も持て余している状態。そこに買い取り業者がやってきて、「相場はこのくらいです。」と説明し市場より安い価格で買い取ります。そして付加価値をつけ高値で市場に売りに出すーいわゆる「買取再販」といわれる手法です。業者も先行投資は必要ですが、それを回収するだけの利益を見越して売却するのです。そのためにも、二つの宅地に分筆し、二棟で売り出しするわけですね。

 

この営業手法自体には、何ら問題はありません。買主さんが本当にその物件を買いたいのなら、候補のひとつとして検討すべきでしょう。ただ、買うという決断をする前に十分な検討を尽くすべきです。「やっぱり新築は憧れだよね~、ローンの返済額も家賃と大差ないし、買えそうなのに、買っちゃだめなの??」

 

ネットで物件検索したことはありますか?築後5年足らずの物件が、中古住宅として売りに出されているケースもあります。憧れの新築住宅だったはずなのに、どうしてまだ数年しか住んでいないマイホームを売却するんだろう…。私は、そこが気になります。

決して購入を否定するわけではありませんが、検討の末、自分の意思で購入を決断する必要があると思うのです。業者の言葉に乗せられて、勢いで買うことがないように!そこだけは、声を大にして言いたいところです。