· 

【福岡発】家計相談は誰にすべき? FPの生業を考える

FP資格には専業分野がない

お金の専門家の称号として、FP(ファイナンシャルプランナー)という資格があります。れっきとした国家資格なのですが、建築士や宅建士のように専業となる仕事は確立されていません。つまり「この資格がないとできない仕事」というのは無いのです。FPという言葉こそ認知されつつありますが、世の中的には、この有資格者がいないと困る社会的要素はないということです。

というわけで、FPという資格は補助的なものとしてとらえられることが多いようです。保険業界や金融業界、不動産業界など、お金の知識や資格がある方が信用度が高まる職種を中心に、積極的な資格取得が推奨されています。

 

その先にある目的

家計に関するお悩み事は、たぶん誰でも持っているものだと思います。将来のことは誰にも分からないのですから、考えれば考える程不安に苛まれることもあるでしょう。そんな時はプロに相談するのも一手です。お金の専門家であるFPに相談することで、悩みが整理され、とるべき行動が明確になってきます。

ただここで問題なのが、どんなFPに相談するかという点です。先ほども述べた通り、本業の補助的役割として無料の家計相談を行っているFPもいますから、その先にある彼らの本当の目的を意識すべきでしょう。保険業界のFPは保険契約をとることが目的であり、金融業界のFPは金融商品を売ることが目的です。

でも彼らはまだましな方です。なぜかというと、目の前にいる相談者がお客さんであることは間違いないからです。お客さんの為を思って、保険商品や金融商品を勧め、その対価として報酬を手にします。

性質が悪いのは分譲マンションや建売物件の発表イベントに鎮座するFPです。彼らはイベントにやってきた相談者に対して「買っても大丈夫!」という気にさせ、住宅ローンを組ませることが目的です。そして、彼らのお客さんは目の前の相談者ではなくイベントの主催者であり、そこから報酬を得ているのです。誰に対して何のために仕事をしているのか、そこを冷静に考えると、相談相手として相応しいかどうか判断することができるのではないかと思います。

 

マイホーム購入のタイミングで家計を見直そう!

住宅ローンは長期に渡って安定的に返済していくことが最も重要であり、その為には、ライフプランとキャッシュフローで将来を見渡すことが不可欠です。ネット上には自分で手軽にできるフリーソフトもありますので、まずは自分で向き合ってみましょう。

それでも不安が解消されない場合は、私が相談相手になりますよ!(^^)!

2級技能士の有資格者として、あなたのお悩みに寄り添い、最善の道を一緒に模索することをお約束します。  

こんな関連コラムも読んでみませんか?