· 

【福岡発】不動産業界にはびこる「囲い込み」は撲滅できないのか??

 「両手仲介で手っ取り早く仲介手数料を倍増させるために、囲い込みを行う業者が未だに存在するなんて…。」

あ、すみません、何の話かぴんときませんよね!?ちょっと不動産取引の仕組みについてお話ししましょう。

 

売買の当事者は売主さんと買主さんです。普通の買い物に於いてもこれは原則。ただ、不動産が対象となると、金額も大きく専門的な話も絡むので、売買の仲介をプロに依頼するのが一般的です。この仕事に携わることによって業者が得る報酬のことを仲介手数料と言います。

仲介手数料は成功報酬ですから、不動産売買契約が整うまでは一切費用を請求することはできません。本来、仲介手数料の支払いは、売主側の仲介業者には売主さんが、買主側の仲介業者には買主さんが行うものです。但し、一つの取引に一社しか仲介業者が存在しない場合は、この会社が両方から仲介手数料を受け取ることになります。つまり、報酬が倍増するのです。これを両手仲介と言います。

 

さて、売主さんが自宅を売却しようと思い立ったら、まずは何をするのでしょうか?「売却物件求む!」という不動産業者のチラシを目にしたこと、ありませんか?売主さんは不動産業者に問合せの電話を入れ、自宅を査定してもらいます。実は、複数社に査定を依頼することもできるのですが、不動産業者にしてみれば一社で売却活動をしたいですよね。だって仲介手数料は成功報酬ですから他社に先を越されるとただ働きになってしまいます。更に、両手仲介を狙うなら他社に割り込まれては困るのです。売主さんにきちんと説明しているのかどうか怪しいものですが、より縛りのきつい預かり方で売却活動をスタートさせ、その後は自分本位の囲い込みを行うという…。売買の当事者をシャットアウトし、自分勝手な都合で取引を操作するなんて、不誠実にもほどがありますよね。

 

冒頭の一言は、正にこの構図にぶち当たった私の心の声です。

内覧の予約を取るために電話をしたところ、「うちが専属で預かってるんだから、お宅は取引に入れませんよ!」とのこと。

「はー???当たり前のように何を言ってるんだ?こいつは??」(大丈夫です。これも心の声ですから)

一体全体、この人は誰の為に仕事をしているのでしょうか?信頼して自宅を預けてくれた売主さんに対して、どんな気持ちで売却活動を行っているのか聞いてみたいもんです。

 

こんな風だから、自社の売り上げばかりが気になって、成約ありきの言動に走るわけですよ。

「もう一人、買いたいという人がいるんですよね〜。」(ホントかな〜?) 

「地震の時が心配?大丈夫ですよ、しっかりしていますから!」(根拠はあるのかな?)

「絶対お買い得!もう二度と出ませんよ、こんな物件。」(そう言われても、なんかピンとこないんだけどな〜)

 

でしょ??

そもそも国は、この両手仲介を推奨していません。国が求める正しい不動産仲介の形は、売主側、買主側それぞれに別の不動産業者が付き、協力し合って交渉をまとめていく、というものです。

あなたにとって信頼できるサポーターは誰なのか、物件検索をする前に真剣に考える必要があるのです。

物件検索よりも大切なこと、それは「信頼できる相談者に巡り合うこと」

 

対面相談が何故大切なのか分かり易い動画にしました。是非ご視聴下さい。


こんな関連コラムも読んでみませんか?