· 

【福岡発】不動産仲介会社の本来の仕事とは?

私たち不動産仲介会社(宅建士)の仕事は、プロとして、不動産売買取引をサポートすることです。取引の主体は売主さんと買主さんなのですが、普通の買い物とはわけが違うので、プロの手を借りないと思わぬ落とし穴に陥ることもあります。

でも、「プロに頼んだのに思ったような結果が得られなかった…」というケースもあります。訴訟問題にまで発展し、「こんなはずじゃなかったのに!」と、後悔している人もたくさんいるのです。

 

ここで問題なのが、プロと言われる不動産仲介会社(宅建士)にも色々あるということです。不動産業の許可も宅建士の資格も一種類しかありません。が、売買や賃貸、開発分譲やアパート管理など、不動産業と言われる業務形態は多岐に渡ります。それぞれの会社に得意分野があるわけなので、自分にあった会社を選ぶ必要があるのです。

マイホーム購入を検討しているなら、売買専門の不動産仲介会社、それも、買う側に重きをおいている会社に相談すべきでしょう。

 

不動産仲介の仕事は本来、売主側と買主側、それぞれの仲介会社が協力して、損得のバランスを取りながら安全に取引を遂行することにあります。そのためには、その物件に対する調査や説明をはじめとする告知義務を全うする必要があり、それらの活動は、第三者的で公正公平でなければなりません。が、実際はどうでしょうか??

 

不動産業界では、定期的な法定講習が義務付けられています。講習の内容は主に、過去の裁判事例を弁護士が読み解き、争点の確認や、そうならないためにどうすべきだったか、というケーススタディを行うものです。どの判例を見ても、もう少し注意して事前説明さえしていれば起こらなかったのでは??というものばかりです。相手の立場にたって想像力を働かせれば、気付けたのではないかと思うのです。そうできなかったのは、やはり、他者の利益よりも自分の利益を優先したからではないかと思わざるを得ません。仲介手数料は成功報酬ですから、売買契約を急ぐあまり重要事項の説明が疎かになるケースも良くあることなのです。

 

勝手な思い込みや誤った慣例を、情報弱者である一般消費者に当たり前のように押し付ける不動産業界の体質が、以前から気になっていました。ポータルサイトに溢れる物件は様々ですが、同じように、仲介のプロたる不動産会社も、玉石混交で見分けにくいということをどうぞ忘れないでください。

物件検索よりも大切なこと、それは「信頼できる相談者に巡り合うこと」

 

対面相談が何故大切なのか分かり易い動画にしました。是非ご視聴下さい。


こんな関連コラムも読んでみませんか?