買主さん7つの心得

マイホーム購入を思い立って、不動産チラシを眺める毎日。魅力的な物件がいくつか見つかっても、どれもこれもが一長一短、甲乙付けがたしで、目移りしてばかり。夢や理想と結びつけて考えようにも、何が正解なのかさっぱり分からず、立ち往生している人は少なくありません。

マイホームは人生最大の買い物。あふれる情報を前にして、悩むのは当然のことです。

満足できるマイホームにめぐり合えるかどうかは、買主自らが「情報をいかに取捨選択するか」に掛かっているのです。※ 後悔しないためにも、物件情報を見始める前に必ずお読みください!

① 生活環境のイメージは?

 

住まい選びの原点がブレブレでは、理想とするマイホームにたどり着けませんよ!だれと・どこで・どんなふうに… 暮らしかたをたっぷり想像することからはじめてみましょう。


② 不動産情報とは?

 

折り込みやポスティングチラシは、マイホーム探しの大切な情報源。どれもこれも魅力的で目移りしそう。でも、チラシをそのまま鵜呑みにしてダイジョウブなのでしょうか?


③ 不動産価格の仕組み

 

チラシを手に取って、目にする情報は、やはり“価格”でしょうか?高いか安いか、とても気になりますよね。でも、そもそも価格ってどんな風に決まるのでしょう?価格の付け方の基本がわかれば、チラシを見るのがもっと楽しくなりますよ!


④ 掘り出し物の誘惑

 

こんなに不動産チラシを目にするのに、なかなか希望に合う物件が出てこない…そんなとき、「どこかにお宝情報があるかも?」と思いがち。果たして、本当にどこかに“お宝”は眠っているのでしょうか?


⑤ 危険な一目ぼれ

 

魅力的な物件を見つけたら、誰よりも早く手を打ちたい!でも、むやみに飛びつくのは後悔のモト。速やかに、自信を持って「買います!」と手が挙げられるように、日ごろから物件チェックのトレーニングをしておきましょう。


⑥ 新築がベストか?

 

これから大きなローンを抱えるからには、⾧く安心して住み続けられるものでないと困りますよね。そういう意味では、最新技術か活かされる新築住宅が“最善の選択”となるのでしょうか?


⑦ 中古リノベの可能性

 

マイホームの新たな取得法として注目の中古住宅。リノベーションで、新築並みの家づくりが楽しめるところも魅力の一つ。でも、古家の状態は千差万別!「工事すれば何とかなる」なんて油断したら、後で痛い目に合いますよ。


 

さらに理解を深めたいなら、

「コラムなるほど館(モノのこと)」へ!